2015年

4月

22日

暖かいんだから~

季刊誌のごとく 春号、発売ですってなブログです 申し訳ありません 春は新学期セールで更新できませんでした 更新はできませんでしたがお陰様でセールも無事終了しました お買い上げ頂き有難うございました

話変わって 妻がスマホになりました 変身した訳じゃないですよ! スマホにはカメラ機能が付いています カメラの能力が気になり借りて写してみました うーん 綺麗に写りますねェ こんなに簡単に写ると困るんですよ 持ってるデジカメやフィルムカメラは如何するのって事になっちゃうでしょ 困ったなァ・・・


0 コメント

2015年

2月

08日

北九州いのちのたび博物館

午前中の町内餅つき大会が終わり午後は北九州市の、いのちのたび博物館へ行きます 今日は常設展でしたので特に目につくものは無かったのですが北九州の歴史ゾーンではこんな実用車が有りました 昭和30-40年ごろの社宅をイメージした敷地に置いてありました いいなあこのロッドブレーキに皮のハンモックサドル・・ また妙な自転車が欲しくなってきました 恐竜の発掘現場を模したゾーンには傍らにニコンのカメラが置いてありアチコチから見てあのカメラはなんだろう?と目を凝らし ニコマートだとわかると満足しました  いいなあニコン  SPがほしいなあぁ  などと博物館の展示と関係ないもので満足して帰りました

0 コメント

2015年

2月

08日

町内の餅つき

今日は町内の餅つき大会です

朝9時から町内の方々が集まって用意をします

なんでも、餅つきの行事は40年以上続いているらしく準備はトントン進みます

しかし問題は搗く人がチョット不足気味なんです 私も若手(?)の一員として搗きますがホボ搗きっぱなし・・・小学校3年生から剣道部のアタシはバシバシ打ちこみます

昼には搗いた餅をたらふく頂き、焼肉も頂きましたが・・・肩に違和感を覚えながら帰りました

明日は大丈夫かなぁ・・・

0 コメント

2015年

1月

27日

休日・・・

北風が身体をキュッと縮こませる季節ですね そのせいか休日もインドアで過ごすことが多かったのですが、先日久しぶりに近くの平尾台までドライブ・・・ お天気もよくてお日様の光が草木にあたってキラキラする様子がとってもキレイでした

自然の中で過ごす休日もたまにはいいですね リラックスできたので今週もがんばろ~

 

 

0 コメント

2014年

9月

14日

英国自転車レストア記を始めます

さて前に連載物を始めようと考えていましたが 英国自転車レストア記を始めることにしました 別メニューで始めましたのでどうぞご覧くださいね

実は8月から自転車を探し始めて9月に入荷しました 現在もレストア最中なんですが随分できました 結構勉強になることも多いですし面白です

気長くお付き合いください ちなみにこの写真は手に入れた自転車ではありません  残念・・・ ほんとはこんなモデルが欲しかったのに・・

0 コメント

2014年

9月

07日

BS レイダックのレストア その2

フレームはあっという間に帰ってきました さて組立ですが各部品を磨いたり 油脂の入れ替えを行います またブレーキや変速ワイヤーは新たに引き直します ブレーキのリターンスプリングは工作してセットしました チョット固めですけどね いずれの部品も工作精度も良くアルミの鋳物も大変綺麗な出来です 磨けば磨くほど光ります 組み上げてから変速の調整・試運転と続きその日のうちに完成です  ああー疲れた・・でも綺麗に組み上がったこの自転車、綺麗だなア・・・

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

07日

BSレイダックのレストア その1

9月になりました お客様から古いロードモデルのレストアのご依頼です

ブリジストンのレイダック 1980-90年にかけてのマスプロ量産車のスポーツモデルです 自転車をも持ち込まれてフレーム再塗装の上組立・調整のご依頼です 但し塗装はお客様の手配で別に行いますのでウチでは組立調整になります この時代の部品は大変リッパです 磨きガイもあります バラバラにしてフレームは塗装に行ってしまいました 一部 部品の固着やブレーキのリターン用スプリングの折損などがありました さあどうなりますか・・・ とおもったらもう塗装から帰ってきました 早っ!

0 コメント

2014年

8月

23日

夏の盛りですが・・

正に季刊のブログとなり果てています 何か連載しようと今たくらんでいますが その連載とは・・①修理入門---数回で終わりそうだなあ ②自転車レストア---旧車を用意して日々仕上げていく ③水草水槽作成日記---自転車屋のブログじゃないですね ④カメラ談義---どっか余所でやれって ②のレストアなんて面白いだろうなア・・ 自転車をEbayで購入して 自転車は英国製か・・時代は1960年以前だなア 戦前はチョット頑張り過ぎか・・  頭は巡りやがて眠くなるのです

0 コメント

2014年

5月

28日

もう夏かしら・・

前回の投稿が春が来たなーってな内容だったのに今回は間が空きすぎました

春の売り出し後に更新するはずがウィンドウズXPでは更新できなくなってしまいました 今回はもう一台のノートPCからの更新です  そもそもブログでこんなに期間が空いては日々雑感でなく季節の便りにしたら良いのに・・などと陰口が聞こえそうです スイマセン 季刊・日々雑感に変えます・・

イヤイヤ PCも動くんですからこれからはガンバリマス

写真は店内にかけてあります木製看板です 大正期の製作だと聞いていますがなかなか綺麗ですよ 見に来てくださいね

0 コメント

2014年

2月

21日

もうすぐ春です

今日は日差しも優しく暖かいです

もうすぐ春ですネ

春の新学期向けの自転車も入荷しました とっても春らしい色ですよ

お店の前の飾り付けも始めました といっても始めたばかりでチョットだけですが

窓辺に飾るこの旗飾りは妻の手作りです 配色を考え考え春らしく作ったようです

私にとってはマダマダですが、そんな指摘はとても出来ません

これはイイナーなどと褒め、平和な日々を維持、努力していくのでした

わぁーまたこんなこと書いてしまった!妻が見たら・・・・

生きることは辛い事です・・

 

続きを読む 0 コメント

2014年

2月

12日

健康に勝るものナシ?

もう2月です 何してるんですか!更新してないじゃないですか!

申し訳ありません・・最近とっても目が疲れて・・時計修理のセイかな・・

テレビの見過ぎかな・・それとも仕事の・・・

先日眼科を受診しました 最初にイロイロな検査をするのですが その検査機械が光学機器なのでワクワクします キャノンだ レンズのコーティング、綺麗だな・・コッチのレンズは何だろう・・まさかツアイスかな・・ボシュロムか・・ウーン

一体何しに来たのかいな   5種類の検査をした結果 左右とも視力1.5!

先生、しかし運転すると目が疲れるし 遠くがボケるんですが・・・・

それは加齢による老眼でした 若い時から目が良いと落差を強く感じるらしい

分かったような合点がいかないような・・まったく健康でした

 

 

0 コメント

2014年

1月

06日

明けましてオメデトウございます

明けましてオメデトウございます

恐ろしいほどブログが停止していました ゴメンナサイ

4日からお店が開きました 今年も宜しくお願いいたします

 

4日に日本1周の青年と九州1周の青年が来店しました

双方面識なく途中で一緒になって走っているらしい

これから日本海経由で関東まで帰るんだそうです 

後3000Km走るんだと・・

 

写真撮っとけばヨカッタなあ 名前も聞かなかったけど今頃は

山口県でしょうネ

イヤー元気いただきました!

0 コメント

2013年

11月

14日

プレミアム商品券 始まりました!

プレミアム商品券の販売が開始されました 10000円で11500円分の商品券が購入できます 15%の金利なんてスゴイお買得です!! 地域振興のため、家庭円満のため、お小遣いアップのためドンドン使ってください!

実際はお小遣いアップにはなりませんが・・・チラリと妻を見て・・・

最近、恐妻家ブログのような文面が多くなっているのが若干気になりますが

決して恐妻家ではありません チョット弱気なダンナです・・・

0 コメント

2013年

10月

29日

ハロウィンのプレゼント

もうすぐハロウィンです お客様にお配りするプレゼントを用意しました

プレゼントといってもカニとかフグではなくキャンディです 

もっと盛大にプレゼントを用意したいのですが急に思い立ったものですから間に合いませんでした 来年は霜降り和牛とか世界一瞬の旅とか用意したいとこですが、きっと間に合わないと思います

さて今週修理などでご来店くださったお客様にお配りします

どうか残念がらずに受け取ってくださいな

アァ 後で妻がニラんでいますのでこの辺で・・・

1 コメント

2013年

10月

21日

ハロウィンの飾り付け

10月31日はハロウィンのお祭りだそうです

ネットで見ると古代ケルト人の風習でアイルランド・イギリスなどで行われているらしいです 不勉強です カボチャがキーワードですがココらでは三毛門カボチャのほうが有名です ともあれ店先にハロウィンの飾りが付きました カボチャのオバケと自転車を合わせて飾っています 垂れ幕がカボチャカラーです ベルギーの国旗ではありません 良く出来ました 心なしか文が短いなァ へんなことばかり言ってると妻に怒られますので・

続きを読む 0 コメント

2013年

9月

29日

肝心なときに・・・

毎年キャンプに行きます 別府の志高湖に行くのが我が家での定番です

今年は天気にも恵まれ、標高が高い分涼しく過ごせました テントを設営し夕闇迫る中、ランタンに火をつけると息継ぎばかりで光が安定しません やがて消えてしまいました ア-ァ、肝心なときに働かないヤツ!  しかし日頃のメンテナンスを怠っていたのは自分です もう1本のスペアのランタンを用意して薄暗い中食事をしました 今日 時間があったので整備すると無事復活です 出発前の準備、メンテナンスを怠ると家族から冷めた目で見られます こんな時の為、スペアを用意していると胸を張っても ちゃんと動く1台を持てと諭されます 車のときにもそう言われたなァ、カメラの時もそうだったし、万年筆もちゃんと書けるモノを買えと言われたなァ

ションボリ・・

続きを読む 0 コメント

2013年

9月

19日

似たもの同士・・

先日のエルジン懐中時計にケースが見つかりました ヤット実用品です

一緒に移っているのはエルジン・ショックマスター1940-50年頃の腕時計です

良く見ると 機械の構成(受板の割り方)がソックリです 懐中時計では1900年頃からこの割り方は見かけます 他にもスリーフィンガー(3本指)型の割り方もありましたが次第にこの割り方が中心になっていきます 腕時計になっても手巻時計ではこの割り方が続きます 精度や強度・工作などで有利だったのでしょうネ 非常に分解掃除や組み立てしやすい機械です 1960年前半までのアメリカ製エルジンは結構良いですね スイスに資本が移ってからはアヤシクなりましたけど・・・

並べるとソックリ、いや親子ですね

親子も年をとるとイヨイヨ似てきますね 顔立ちも言葉遣いもホント似てきます 似なくても良いトコまでも・・・・

0 コメント

2013年

9月

05日

久しぶりの巡り合わせ

久しぶりのお天気です 良く雨が降りました 気温もぐっと下がって過ごし易くなりました さて9月の第一週目、時計話です だいたい 作業は本業が終わってから夜中に行うのですが8月は暑さで集中できませんでした 女モノの自動巻なんてとても出来ません 私の強靭な精神力をしても扇風機の前でビール飲んでゴロゴロするのが精一杯です 涼しくなりました 気候の言い訳は出来なくなります さて、写真はエルジンです12サイズの15石懐中時計です 懐中時計は好きなのでEbayなどで手に入れますが、良いものに出会うのはナカナカありません 機械本体では天真の磨耗 穴石の割れ・カケ アンクルの爪石のカケ・・・全て綺麗なものに出会うことは稀です さらにケースやガラス・針など外装が美しいものは非常に高額になり手が出ません 今回のエルジンは機械だけですがナカナカ良いです 穴石に傷みは無く振りも良いです テンプの受けが変わっていますが同じ時代のものですし眼をつぶります しかし振りは絶好調です 久しぶりにスンナリ好調の懐中時計でした でも ケースが無いナァ

0 コメント

2013年

8月

26日

良いものは良い!!

先週末久々に小倉のちゅうぎん通のカメラ屋さんに行ってきました 

ココは今では珍しくなったフィルムカメラを沢山置いています 今更フィルムカメラを見てもと、お思いになる方もいるかもしれませんが・・・私も主力はデジカメなんですが・・良いのです 機械としての作りこみのよさは圧倒的にフィルムカメラです L版でプリントしてもデジタルプリントの今となっては安いデジカメと差は見出せないかもしれませんが・・良いのです 露出を考えピントを合わせ1枚を撮る その所作が良いと思うんだけどなァ・・車のマニュアル車で峠道をプリプリ走るような、5速のロードバイクでヒーヒー漕ぐような(チョットちがうなァ・・)

画像はライカⅢFです レンズはズミター 数年前に正月のお宮参りの際 この組み合わせでフィルム1本撮りましたが たった1枚 オヤっとする写りの良いのがありました和服の生地や非常に繊細な映りがハッキリ他の何枚かとは違っていました 又撮ろうと思っても中々撮れない 其処が良いのかも・・・

0 コメント

2013年

8月

23日

柱時計は永遠に・・

一ヵ月半も更新していませんでした この暑さにトロけてしまい本業の自転車店業務で精一杯でした 最近ヤット調子が出てきましたので再開です!

今回は 頼まれ物の柱時計 アイチ製?尾張時計組合製?です 柱時計は木箱の内部に黒いペーパーが貼られメーカー名が分かるのですがこの機械はボロボロで分かりません 内部は錆が酷く 部品が入れ替わっており苦労しましたがヤット振り出しました 八日巻時計ですので1週間は試運転です この機械は大正・明治期の製作でしょうか?およそ100年モノです 機械モノですから永遠に動くわけではありませんが手入れすれば永く使えますネ 何時もそうですが、時計が再び動き始めるときは嬉しくて暫く眺めています この生き物のような機械がナントモ愛おしいです・・・

0 コメント

2013年

7月

10日

オリジナルの時計ですが・・

7月になりました 毎日猛烈に暑い中、皆様お元気にお過ごしでしょうか

こんなに暑いと冬が待ち遠しいです モット北の国に行きたくなります

北の国に行くには飛行機 飛行機といえば大好きなロッキード コニーことコンステレーションの4発機 パイロット そして・・・・

 時計の話です 今回はこのパイロットウォッチです 時計の好きな方だとIWC(インター)かな思われたかもしれませんがスケルトンの裏蓋から覗く機械は・・・

ハミルトン917(1930-40年代)です しかもサイズは12サイズの懐中時計の機械です よってこの腕時計、ケース径が45mmもあります 横においているのは普通サイズのテクノス15石 1950年モデルです 比べると デカイ!!

こんなデッカイ時計、一体誰が着けるのかと思いますが出来てしまった物は仕方ありません

実はEbayなどで懐中時計を腕時計するケースや文字板、針などががありその集合体がこの時計なんです 部品代は意外と高い割りに出来栄えは「ふーん・・」といったものです でも機械は良いですよ ステムセットのハミルトン917はとっても綺麗ですし精度もスバラシイ  が、労多くして功少なし 残念無念、又次回・・・

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

25日

ヒゲのお手入れ

また間が空いてしまいました

根気はありますが忍耐力が無い、努力家ですがナマケモノです

こんな私の性格を白日の下に晒すことになるなんて・・・干物になってしまいそうです

 

さて今回はテクノス15石 1950年代です

ケースは比較的綺麗なメッキ 機械はフォンテンメロン(後のETA)です

一般的なスイス機械ですが、ヒゲが絡まり、曲がり傾き大変な状態でした

この調速機部分のヒゲの扱いは注意深くしないと時計自体を壊してしまいます

今回のヒゲは平ヒゲなので巻きなおしは比較的ラクですが巻上げヒゲは大変です

ヒゲを修正する場合は中心に近い変形箇所から一つ一つ修正することです 見た目の大きな変形をアレコレ修正すると前より酷くなります 根気が要ります

修正後は元気に振り始めました 

作業後、お茶を飲み横になってダラダラしながら、「俺って忍耐力があるなー」と独り関心するのでした

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

09日

美しく残すには・・

今日は雨です

久しぶりにカメラの掃除をしました 時計の記録用や子どもの記録写真を撮ったりと結構カメラ好きです 最近までフィルムカメラ派でしたが1年ほど前からやむを得ずデジカメです 車もいつの間にかマニュアルからオートマです ヒゲそりも電気カミソリに最近変えました そしてカメラを磨きながらプリントが極端に少ないことに気づきました 全部SDカードの中です これは記録として何十年後に再び見ることができるのか不安になりました メーカーの都合で規格が変わることはよくあるし、SDやCD他の記録媒体もいつまで持つかわかりません

やっぱり フィルムで写そうかなー

写真はコンタックスⅡaです 機械の精密感は素晴らしいものがあります レンズはゾナー5cmとニッコール5cm・8.5cmを付けています 製造から60年たっても機械の存在感は変わりませんネ

 

0 コメント

2013年

6月

07日

当たってブツカレ!!

サボってなんかいません・・手を休めていただけです・・

 

本当はイロイロしてるんですよ 自転車も時計も・・

しかし、結構ぶつかっています 特に時計は・・

基本的にEbayや国内のヤフオクで不動時計を探しますが最近購入したものは部品欠品か、かなり重症の不動症状ばかりです 時計の修理では不動時計を修理して動かすことが何よりの楽しみなんです 毎日 アッチを調べコッチを調整し最終的には振りが弱いとか、部品が揃わずにお蔵入りなんてこともあります どんな修理もできますなんて残念ながら不可能です 全く報われないこともシバシバです 当たって砕けて前に進めれば当たり甲斐もありますが毎日ただブツカルだけだと辛いモノがあります

愚痴は中止

そんな中で 最近の完成は1950年ごろのアールデコ様式のベンラスです

振りもよし、金張りケースの剥がれもありませんしガラスもキズはナシっと・・

誰か買いませんか?

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

29日

修理は・・・なんだっけ?

またサボってました スミマセン

 

昨日ウォルサム修理が完了しました 前にウォルサムを修理しましたが今回は別物です 今回の初期症状は 不動でテンプ振らずといったところ・・・で修理に取り掛かりますと分解して清掃の後各部分をチェックします 輪列はザラ回しでの回転が重い・・1つずつ定位置にセットして回転やアガキをチェックします

どうも2番車の受板側の穴石に問題がありそうです 穴石はシャトン止ですので分解して位置を合わせました これで輪列ザラ回しもスムーズです 次はテンプですがヒゲ 振り座を外して定位置で回転させるとOKです ただし顕微鏡でのぞくとホゾに段がありますので磨きました 全てをセットして試運転です 振りが悪く、やがて振り切りです 今度はアンクルのアガキとドテピンの位置をチェックします ドテピンの位置を調整して アンクル爪の調整、注油っと・・・今、絶好調です

文に書くとスラスラ進んでいるようですが実際は頭をヒネリながらお茶を飲み、顕微鏡を見てはテレビを見る・・といった苦労しながら進めているのでした 

0 コメント

2013年

5月

15日

シチズン クリスタルセブンは飛んでゆく・・

ブログをアップするペースが伸びてきました

内容が伴って充実すればよいのですが、実は相変わらずです

 

今回はシチズンクリスタルセブン27石です

1960年後半のシチズン・ベストセラー機ですネ

骨董市やヤフオクでも多く見ます

この機械は知り合いの方のものでOHでお預かりしました

クリスタルセブンのOHに注意すべきことは、なんといっても線バネの多さです

カレンダー側の機構に歯車やレバーを押さえたりで何箇所か非常に細い線バネが使用されています これが分解掃除のときに飛んでいって紛失することが多いんです これを予防するには線バネ部分を分解しすぐ元に組み立てておくことです

この機械も2箇所は線バネが紛失していました よってカレンダーの早送りができない症状でした また1箇所は前回のOH先で線バネを自作されていました

今回OHでは手持部品からバネを用意して完成です

精度は日差10秒で片振もほとんどなく気持ち良く終了です

アーぐっすり眠れそうです・・・・・・今 朝ですが眠くてたまりません トホホ

 

0 コメント

2013年

5月

05日

連休でお出かけ

GWでお出かけしました

別府温泉に入りました アー気持ちよかったです

鉄輪温泉の近くの花の湯ってとこです

高崎山の前の別大国道を走り西大分港に立ち寄ってみます

なんか綺麗になってますね

オシャレなカフェがあったりガーデニングの催しもありました

デジカメで散歩しながらとっている女性も多かったです

カメラ好きな若い人も最近多いですね

若くないけど私も大好き・・ デジカメで撮る事にヤットなじんできました

しかし、フィルムを使わないとなんか悪いことをしているような・・

というのは、フィルムカメラが4台ほど出番を待っているし、予備のフィルムも痛んでしまいます レンズはアダプターを使用してデジカメに使えるから良いですけどカメラ本体はなかなか出動しませんネ

 

連休で鋭気を養いました 明日からガンバリますか・・・

0 コメント

2013年

4月

26日

修理は果てしなく遠い

現在、修理中の懐中時計ウォルサム17石です

サイズは持ち歩き易い12サイズです

もともとEbayで不動のものを購入しました

内容は天真折れです ウォルサムの天真は摩擦止めのため天真交換は比較的容易ですがカシメ式は面倒です

天真交換が終わっても組み立てる途中で4番車のホゾが曲がっています

予備部品から交換しました 次はテンプの振り止まりです

ヒゲの接触はありません んー、原因は何だろう・・・

アンクル受けとの接触もないし・・ヒビのある穴石の交換をして天真の全長と穴石の穴径をチェックしました ヒゲ・振り座を外してテンプを空転させるとやはり回り方が悪い・・・

顕微鏡で見ると交換した天真ホゾに段が付いて、さらにわずかに

曲がりがある   時計旋盤でホゾを磨き 焼き戻ししてホゾの修正をする

ヤット振り出しました

現在24時間計測中です  アーこれで終わってね

疲れちゃった・・・

 

0 コメント

2013年

4月

23日

新世界は別世界

少しサボリぎみでした 何事も継続は難しいですね

さて先日友人の結婚式が大阪でありました

友遠方より来る・・皆で楽しい時間を過ごしました

さて大阪では放置自転車が少なくなったと聞いていましたが その実、少なかったです

何でも所定の場所以外ではあっという間に撤去するのだそうです

街は綺麗になりましたが前に見た大阪の活気はどこへ行ったのかと 思いましたら ありました・・・新世界に・・

すごいトコですね・・商売の街 新しいもの生み出す街

新旧ごちゃまぜた感じがスゴク感じられました

閑話休題

写真は大阪ではなくハミルトン730です

振りも結構です 仕上げも上々

さて今週もガンバリましょう

1 コメント

2013年

4月

09日

これは老眼か・・

さて昨晩もガンバリました

またまたエルジンの腕時計1950-60年頃の

スモールセコンドです

しかもこの時計ケースと文字板は当時の新品です!!

(NOS・・・new old stockまたはデッドストック品です)

このケースはエルジンの純正というよりは修理補修用に

作られた物のようです

出来上がりに思いを抱き分解を始めましたが最近どうも

目が良く疲れます 裸眼で見たときが何かはっきりしません

元来目はいいんですが・・・

これはひょっとして老眼か・・・・

 

0 コメント

2013年

4月

08日

セールも無事終了しました

お蔭様で無事セールも大盛況のうちに終了しました

沢山のお客様に来ていただきありがとうございました

 

今年は通学用に丈夫な自転車をお求めになられる

方が多かったようですね

新学期も始まりました

今朝も店の前を高校生が颯爽と漕いで行きます!!

気をつけていってらっしゃい!!

 

修理の懐中時計も元気いっぱい振っています

写真は振ってないように見えますが・・・

0 コメント

2013年

4月

05日

軸受交換は穴石交換

ちょっとご無沙汰していました

時計修理も進行が遅くなっていますが、昨日は不調の懐中時計、エルジン12サイズ17石 1914年頃製造の修理をしました 振りが弱く抵抗が多い感じでしたのでバラして見ますと穴石が2箇所欠けています

ちなみに穴石は機械部品で言う軸受ですが非常に細かな部品ですのでベアリング等はありません

磨いた軸と穴石と時計油で回転を保持します

ついでに穴石はルビーです

焼きの入った磨いた軸の磨耗に耐えるものは硬度の高いルビーやサファイヤ

といったものが原材料です 安い時計はメタルで穴石を作っていましたがやがて磨耗し精度に影響がありました

手持ちの部品ストックから穴石をポンスで打ち出し

入れ替えました

現在は振りは好調です あーあ振って良かった・・・

0 コメント

2013年

3月

29日

カンパの変速機を奢って

HPを始めるのに、時計話ばかりでは申し訳ない

ということで 自転車話です

この自転車 ミヤタのルマン 1970-80年頃の

量販車両(マスプロ車)です

たまたま 手に入れてコチョコチョいじっています

変速機はカンパのヌーヴォレコード 1982年です

軽合金の渋い色が気に入っています

フレーム自体は マーク類を剥がしているだけで

ほぼノーマルです

塗装も今に比べると非常にシッカリしています

JISマークも輝いていて当時の物造りが手を抜かず

良いものを作っているかがわかりますネ

0 コメント

2013年

3月

26日

アンティーク時計がまたまた1つ・・

申し訳ありません

時計のことばっかりになりました

 

昨日の戦果は

またまたハミルトン(1950年代)です

Cal.982  19石、巻上げヒゲ 地板受け板の磨き

文字盤の意匠 ケースの金張りの美しさ・・

この手の角金時計で苦労するのは

風防(ガラス)です 

丸型の風防なら直径やカレンダーレンズの有無

防水型など種類から探すのですが まァ比較的

探しやすいものです ところが角金ときたら

スゴイ種類です 縦横寸法はもちろん カーブの形状

角の形、厚み・・・大変です

私も100種近くは手元にありますが中々合いません

しかし ガラスも綺麗になったときは それはもう

素晴らしいものですよ!!

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

24日

アンティーク時計が、また一つ・・

昨日完成しました 1950年代のハミルトンです

今回は男物 当時ものにしては大振りです

Cal(機械番号)770の22石

巻上げヒゲの高級仕様 

地板は磨きが掛かり 

文字盤のインデックスもハミルトン仕様

ケースは金張り(金メッキではない)

当初は振りがいまひとつだったのですが

分解洗浄の後はギュンギュン回っています 

あーあ 美しさにメロメロです

 

毎日 仕事が終わってからの、この修理作業が

日々の鋭気を養います・・なんてね

ホントは、かなり眠たいデス

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

18日

小さな歯車は・・

時計の世界では歯車はかなり小さいんです

中でも女性用の機械は非常に部品が小さくなります

ネジ山なんてスゴイですよ

こんな小さな歯車の重なりとゼンマイの力で一生懸命

動いている姿を見ると、メロメロです

これは今日完成しました1950年ごろのハミルトンCal.750です

仕上・精度・完成度はすばらしいものがあります

ハミルトン大好きだなア

こうして女性用機械時計も修理して楽しんでいますが

自分では身に着けられないのが玉にキズです

 

0 コメント

2013年

3月

14日

歯車繋がりって・・

歯車繋がりの続きですが・・

アメリカのグリュエン バンパーオートマチックです

1950-60年ごろの自動巻腕時計です

手巻から自動巻へ進歩する過程で生まれた半回転自動巻時計です

別名 バンパー式オートマチック

振り子のようにローターが左右に振れますが一方向だけゼンマイを巻上げ

反対の方向は巻上げに作用しません

現代では使われなくなった機構です

使うと 独特の感触があって良いですネ

 

2013年

3月

13日

これは一体ナニ?

自転車屋と歯車繋がりということで、時計です

 

アメリカ エルジンの1934年製 15石の懐中時計です

 何で自転車店のHPにこんなもの載せてるの!とご批判もあるでしょうが

ごめんなさい・・大好きなんです 時計を載せるためにHPを作ったという

くらいに・・・

 オーバーホールして日差10秒以内の精度

絶好調でしたが人に譲りました・・

キーストーン製の金張ケースもとても美しかったなあ

 時計修理すると日々の疲れも癒されます なんてね